マスク着用による肌トラブル 症状1『ニキビ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

花粉症や新型コロナウイルス対策などで、マスク着用の日々が続く昨今。そんな中、マスク着用による肌トラブルで悩んでいる方が増えています。

マスク着用による肌トラブルの傾向・原因、そしてその対処法について、書いていきたいと思います。

 

■症状1:ニキビ(吹き出物)

花粉症や新型コロナウイルス感染予防のためにマスクを着用する機会が増えたため、口から顎にかけてニキビ(吹き出物)ができたという方が増えています。

大人のニキビは、摩擦によって生じやすいという特徴があり、摩擦をおこさないよう、刺激が少なく肌あたりの柔らかいマスクを選ぶこと、大きめのマスクを着用することがおすすめです。最近はかなりマスクが店頭に並ぶようになってきましたが、それでもまだマスクが不足しているため種類を選べない方も多いと思います。その際は、コットンを肌に乗せてからマスクを着用すると良いです◎

また、メイク下地として、保湿効果に優れたクリームを使用することにより、皮膚を保護し、摩擦が軽減されるのでこれも一つの方法となります。

その他、マスクの中の蒸れた状態は雑菌が繁殖しやすく、ニキビを悪化させる原因の一つとなります。通気性の良いマスク生地を選ぶことがベストですが、やはり難しい場合は、口周りに汗をかいた時にはこまめにティッシュなどでふき取るといった習慣をつけていくこと、マスクをこまめに交換することが大切です

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加