2月3日 《節分》の豆知識♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

2月3日、今日は《節分》ですね。

節分といえばは外~!は内~!と言いながら豆まきをしたりしますよね。実は、節分年に1回だけでなく、年に4回もあるそうなんです。

節分には「季節を分ける」という意味があり、それぞれに始まりの日が決められていて、春は「立春(りっしゅん)夏は「立夏(りっか)秋は「立秋(りっしゅう)冬は「立冬(りっとう)と呼ばれていて、この始まる日の前日のこと「節分」というのです。

節分豆まきは、もともと中国から伝わってきた風習で、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、その追い払う儀式として行われたそうです。

豆まきにも使われるですが、節分福豆と言って、を体に入れて1年の健康を願うという意味もあります。

年齢の数食べる・・・年齢と同じ数のを体に取り入れるという意味。

年齢の数+1個・・・来年も健康であるようにという願い。

 

そして、にも!!

赤鬼・・・悪い心全て。

青鬼・・・貧相な心。

黒鬼・・・疑心。

黄鬼・・・甘えの心。

緑鬼・・・驕り。(おごり) というように色別に意味があります

★ は、をまかれる他に柊(ひいらぎ)という木の、とげのある葉っぱ、鰯(いわし)の焼いた臭い、煙でいぶされるのが嫌いと言います。たくさんのを取り入れるため、みんなで鬼退治しましょう♪(笑)

ちなみに、2020年の恵方は、西南西です\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加