貧血対策と隠れ貧血

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

貧血対策

ヘム鉄と非ヘム鉄があり、ヘム鉄は肉や魚などの動物性食品に含まれており、非ヘム鉄はほうれん草や小松菜などの植物性食品に含まれています。ヘム鉄は非ヘム鉄に比べて吸収が良いため、ヘム鉄を意識して摂取しましょう。

タンパク質

赤血球の中のヘモグロビンの材料となる栄養素なので、鉄と同様に大切です。また、肉や魚のタンパク質は、非ヘム鉄の吸収を高めます。特に、必須アミノ酸のバランスの良いタンパク質である卵や肉は意識して摂取しましょう。

 

サプリメント

ヘム鉄のサプリメントを選ぶと良いでしょう。吸収も良く、胃腸を荒らすなどの副作用がないためおすすめです。ちなみに、お医者さんが処方する鉄剤は非ヘム鉄です。

 

バランス良く

ビタミンB、葉酸、ビタミンCなども造血や鉄の吸収にかかせません。これらを十分に摂るには、偏食せずに3食きちんと食べることが大切です。炭水化物だけでなく、おかずをしっかり食べましょう。

 

隠れ貧血

ヘモグロビンは正常でも、体内に蓄えられているフェリチンという鉄が不足している人も多くいます。日本人女性の22%はこの貯蔵鉄が不足していると言われています。

 

是非、上記を参考に貧血対策をしてみてください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加