鉄(Fe)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

 

 鉄は体内に含まれるほとんどが、赤血球(ヘモグロビン)の主成分となり、肺呼吸で取り入れられた酸素を全身に運び、反対に体の中で出来た二酸化酸素を吐き出すための運搬の役割をします。

 

鉄不足で起こる症状~

貧血

何らかの原因によって赤血球に含まれるヘモグロビンの量が減ることで起こります。貧血になると全身の細胞に酸素が行き渡りにくくなり、頭痛やだるさ、肩こりなどの症状を引き起こします。特に、月経、妊娠、出産、極度なダイエット、婦人科系疾患などにより、血液の消費が多いため貧血は女性に圧倒的に多くあらわれます。

が不足するとヘモグロビンが作られず正常な赤血球が不足するため、酸素不足が起こります。そのため、以下のような症状が起こります。

血球が少なくなると⇒ 赤みが無くなる・顔色が悪い・まぶたの裏が白い など

酸素が脳や末端に運ばれなくなると ⇒頭痛・めまい・耳鳴り・集中力の低下・やる気の低下・動悸や息切れしやすい・肩こり・倦怠感・疲れやすい・だるい・冷え・むくみ など

 

貧血対策をしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加